米大リーグ

大谷、原点に帰る17番 二刀流「ファンと作る」 エンゼルス入団会見

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
エンゼルス入りした大谷翔平への期待を語る日本ハムの栗山英樹監督
エンゼルス入りした大谷翔平への期待を語る日本ハムの栗山英樹監督

 【アナハイム(米カリフォルニア州)長野宏美】プロ野球・日本ハムからポスティングシステムで米大リーグ・エンゼルスに移籍した大谷翔平投手(23)が9日(日本時間10日)、本拠地エンゼルスタジアムで入団記者会見して「ここがスタートライン」などと決意を述べた。身にまとった真っ赤なユニホームの背番号は17。大谷にとっては、なじみのある背番号だった。

 公開で行われた記者会見に集まった1000人以上のファンからわき上がる「SHOHEI」コールに包まれた大谷は背番号についても話した。入団交渉にテレビ電話で参加したア・リーグ最優秀選手(MVP)2回のトラウトが背番号27であることを知りつつ「本当は27が良かったけれど、埋まっていたので」と説明すると、ファンの笑いを誘った。

この記事は有料記事です。

残り1439文字(全文1771文字)

あわせて読みたい

注目の特集