メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

火星の有人探査指示 月面基地建設方針、大統領署名

火星への有人探査を指示する大統領令に署名するトランプ氏=NASA提供

 【ワシントン清水憲司】トランプ米大統領は11日、月に再び宇宙飛行士を送り込み、火星にも有人探査を行うよう指示する大統領令に署名した。トランプ氏は「今回は国旗を立て足跡を残すだけでなく、最終的には火星へ、いつの日かその先にも到達する基礎を築く」と述べた。

 米国は1969年にアポロ計画で初めて月面着陸に成功。計12人の宇宙飛行士を送り込んだが、72年12月11日の「アポロ17号」を最後に途絶えている。

 米航空宇宙局(NASA)は近年、月の軌道上に新たに宇宙ステーションを建設し、そこから月や火星に宇宙飛行士を送る「深宇宙探査ゲートウエー」構想を打ち出しており、2020年代末には火星飛行に向けた準備を整える目標を立てている。

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文555文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

  2. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. SMAP再結成「ゼロではない」 中居正広さん「燃え尽き」否定も仕事への意欲湧かず 

  5. 豪、イスラエルに帰国のクルーズ船下船者、新型肺炎感染を確認 日本側検査で陽性者なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです