メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジアラビア

次は映画館解禁へ 経済・社会改革の一環

経済・社会改革の一環で開かれた、大学内でのコンサートを楽しむサウジアラビアの人々。映画館の運営も間近=首都リヤドで3日、ロイター

 【カイロ篠田航一】イスラム教の厳格な習慣・戒律を重視する体制下、娯楽が制限されているサウジアラビアで、来年3月にも映画館の運営が解禁される見通しとなった。ロイター通信などが11日報じた。サルマン国王(81)の実子で「次期国王」と目されるムハンマド皇太子(32)が主導する経済・社会改革の一環で、設置されれば約35年ぶりという。

 サウジ文化情報省は「映画解禁は経済成長を促す」と強調した。上映内容については、イスラム的価値観からの逸脱の有無を事前検閲される見通し。

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文473文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  2. 新型肺炎 感染者と一緒に行動の中国人団体、成田・関空便に搭乗自粛し帰国

  3. 新型肺炎、中国の感染者がSARS上回る5974人 世界で6000人超に

  4. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  5. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです