防衛相

対北朝鮮圧力、ロシアに連携要請

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 小野寺五典防衛相は11日、ロシア軍制服組トップのゲラシモフ参謀総長と防衛省で会談した。北朝鮮の核・ミサイル開発について、小野寺氏は圧力強化を念頭に「北朝鮮に大きな影響力を持つロシアとこれからも連携していきたい」と要請。これに対し、ゲラシモフ氏は「平和的手法だけで解決できる。北朝鮮周辺で訓練を行うのは軍事的な興奮を高めるだけだ」と述べ、米軍と自衛隊などの共同訓練をけん制した。

 露軍参謀総長の来日は7年ぶり。ゲラシモフ氏は「ロシアは北朝鮮の弾道ミサイル開発を批判している」としたうえで、米韓や日米の共同軍事訓練が「状況を不安定化させる」と指摘した。

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文515文字)

あわせて読みたい

注目の特集