メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

そんなに国会が嫌か=与良正男

 やはり安倍晋三首相は国会審議が嫌だったから強引に衆院を解散したのだろうなあ。特別国会が終わり、そんな思いを改めて強くする。

 今年、国会が開かれた日数は計190日。過去20年間で最も少なかった。特別国会も当初は1週間程度で終わらせようとしていたのだから、その消極的な姿勢は際立っている。

 だが、いくら嫌だと言っても特別国会を開いた意味はあったと思う。

 例えば森友学園問題だ。近畿財務局が国有地の売却価格に関して「ゼロに近い形まで努力する」等々と学園側…

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文904文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  4. 継続は力なり わかやま100年企業の挑戦 亀屋旅館 愛される旅館、いつまでも 完全復旧へ力注ぐ /和歌山

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです