メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

映画「8年越しの花嫁」で母親役、薬師丸ひろ子さん 伝えたい、信じることの大切さ

「これから仕事をいくつできるか分からないですけど、一つ一つ丁寧にやっていきたいな、と思っています」=東京都千代田区で、丸山博撮影

 この女性は普段、どんなことを考えているのだろう。来年、映画デビュー40年を迎える薬師丸ひろ子さん。新作映画に母親役で出演するのを機に、家族のことや関心事を聞くと--。【沢田石洋史】

 コメディーでも定評がある薬師丸さんは、人を楽しませる話が得意だ。例えば、7月に行われたラジオ番組「薬師丸ひろ子 ハート・デリバリー」(ニッポン放送)の公開録音。スーパーで積まれた野菜を買う際、薬師丸さんが誰にも見られないようにこっそりと奥から新鮮なものを引っ張り出すと、実はおばあさんに見られていた……。自身のばつの悪い体験談を次々披露し、会場を笑いで包む。1月にコンサートを聴きに行った時はオチのあるトークが絶妙だった。そんな薬師丸さんに「最近最も関心を持っていることは?」と聞くと、こんな答えが返ってきた。

 「うーん、そうですねえ。いろいろありますけど、日本という国がどうなっていくのか。どこに向かって、ど…

この記事は有料記事です。

残り2309文字(全文2706文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  2. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  3. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工
  4. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  5. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです