メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立憲民主党

道連設立 民進から合流加速か /北海道

 立憲民主党は12日、地方組織の「立憲民主党北海道総支部連合会(道連)」を設立した。都道府県レベルでは全国で8番目の設立となり、今後、道連として党員の募集を始める。解党論も浮上している民進党からは、地方議員らが合流を模索する動きも出てきた。【藤渕志保】

 この日、立憲民主の道下大樹衆院議員が道連の設立届を道選挙管理委員会に提出した。道連代表は佐々木隆博衆院議員とした。道下氏は設立届の提出後、報道陣に「道連の立ち上げで、支持や期待をしっかり受け止める受け皿ができた。これからがスタートという新たな決意だ」と語った。来年4月をめどに立憲民主道連の結党大会を開く予定。

 10月の衆院選で道内からは立憲民主の国会議員が8人誕生し、それぞれが代表を務める八つの総支部を既に…

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文801文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  4. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  5. 新型肺炎 政府チャーター機、日本人帰国29日以降にずれこみ 中国と調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです