メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンの介護現場

介護福祉士 養成校定員充足率45.7%で今年度過去最低 留学生数は急増 /群馬

 介護福祉士の資格が取得できる全国の専門学校や大学の学科・コースなどの入学者数が2017年度は定員の45・7%にとどまり、データのある06年度以降最低だったことが公益社団法人「日本介護福祉士養成施設協会(介養協)」(東京都)のまとめで分かった。一方、外国人留学生の入学者は5年前の30倍以上に増えている。日本人学生が介護職を敬遠する中、学校側が留学生の受け入れを加速させている実態が明らかになった。【杉直樹】

 調査は、介養協が、厚生労働相が指定する介護福祉士の養成施設(専門学校、大学、高校専攻科)を対象に毎年度実施している。17年度は定員総数1万5891人(372校)に対し、入学者数は7258人にとどまった。これまでの過去最低は08年度の45・8%。この時は介護現場での不祥事が相次いだことで敬遠されたのが一因とみられる。

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文927文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  2. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  3. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです