メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

すす払い

忍者屋敷で 新年ピカピカに 伊賀 /三重

竹を使って忍者屋敷のすす払いをする職員。屋根にはこけが付いている=三重県伊賀市上野丸之内で、大西康裕撮影

 伊賀流忍者博物館(伊賀市上野丸之内)の忍者屋敷で12日、年末恒例の「すす払い」があった。忍者屋敷は来年1月中旬~4月中旬、かやのふき替え作業を予定しており、こけむした今の屋根のすす払いはこの年末が最後となる。

 この日は伊賀上野観光協会職員の大橋朋美さん(28)と森中啓恵さん(29)が黒色の忍者姿で、先に葉を付けた長さ約5メートルの竹をしならせ、瓦やかやの汚れを払った。

 寒風が吹く中の作業だったが、大橋さんは「天気が良いので気合が入ります」と張り切り、森中さんは「気持…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文554文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  5. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです