メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

泥棒よけ

五右衛門札で 命日書いて貼り付け 葛城・けはや座 /奈良

札を貼り付ける女性=奈良県葛城市のけはや座で、藤原弘撮影

 安土桃山時代の盗賊、石川五右衛門の命日にちなんだ「泥棒よけ」の紙の札が11日、葛城市当麻の市相撲館「けはや座」の出入り口上に貼り付けられた。

 同市の一部地域では、1594年に処刑されたとされる五右衛門の命日を12月12日とし、命日を書いた札を逆さまに屋内に張る風習がある。貼り付けられた札には、市職…

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文288文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 風知草 鬼滅ブームと菅伝説=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです