メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

石見智翠館 30日、花園初戦 初の日本一へ闘志 パワー戦術、展開にも磨き /島根

練習に励む石見智翠館の選手たち=島根県江津市渡津町の同校で、長宗拓弥撮影

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会など主催)は27日、東大阪市花園ラグビー場で開幕する。シード校の石見智翠館は30日午前10時45分から、常翔学園(大阪)-仙台育英(宮城)戦の勝者と2回戦で対戦する。伝統の展開力に加え、フォワード陣の体格を生かしたパワープレーで、初の日本一を目指し、選手は闘志を燃やしている。【長宗拓弥】

 「もうベスト4はいらない」。10月の国体を終えて花園に向けた再スタートのミーティング。安藤哲治監督は選手に奮起を促した。国体の準決勝では、大阪桐蔭や東海大仰星、常翔学園など強豪校の選手を集めた大阪選抜と対戦したが、42-14で敗れてベスト4だった。

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文921文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  2. 「ポケモンを埋葬」仏記者、中国哀悼行事の放送中に発言 1週間の停職処分に

  3. 「都内感染者の増え方、ほぼ想定内」東京都、1日最多の143人感染 2日連続の100人超

  4. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  5. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです