メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第5部 JR東日本/14 東京駅、100年前の姿に

創建当時の姿に復元された南ドームのレリーフ=JR東京駅で2017年12月5日、大久保渉撮影

 収益性と公共性の両立に腐心するJR東日本。2012年秋には「文化的価値を守ってほしい」との声に応え、東京駅を創建当時の姿によみがえらせた。駅前広場も今月7日に完成。丸の内の高層ビル群を尻目に悠然と建つ3階建ての駅舎は「首都の顔」の風格を醸し出している。

 日本の近代建築の祖、辰野金吾が設計した赤レンガの東京駅は大正3(1914)年に開業したが、空襲で八角形の南北ドームと3階部分がほぼ焼失。応急復旧の状態が続いた。高度成長期以降は、多額の収益が見込める高層ビルへの建て替え案が何度も持ち上がり、旧国鉄の借金が膨らむ中で現実味を帯びた。

 「先人の遺産を軽々に捨て去ることのないよう念じて止(や)みません」。日本建築学会は77年、要望書を…

この記事は有料記事です。

残り876文字(全文1194文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  2. 「お母さん、大丈夫?」呼び掛けに返事なく 次女、階下の100歳救えず 福島・いわき

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです