メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

ミサイル防衛、累計2兆円 「対北朝鮮」整備急ぐ 体制強化へ陸上型導入

日本の弾道ミサイル防衛体制

 約15年間で累計の整備費が2兆円を超える見通しとなった日本の弾道ミサイル防衛(BMD)システム。北朝鮮が急速に核兵器と弾道ミサイルの開発を進めていることを受け、整備が加速化している。ただ、その実効性は完全に実証されたとは言い難く、費用対効果についても疑念の声が上がってきたのが実情だ。日本のBMDの課題を探る。【秋山信一】

 「最速のスケジュールで導入できるよう、協力をお願いしたい」。小野寺五典防衛相は今月1日夜、マティス…

この記事は有料記事です。

残り1737文字(全文1949文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こんぴらさん名物「石段かご」26日に終了 担ぎ手高齢化「苦渋の決断」

  2. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  3. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

  4. 「この世界の片隅に」新作 すずとリンの会話が表す「家制度」「貧困」

  5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです