特集

核兵器禁止条約

核兵器開発などを初めて全面的に禁じる核兵器禁止条約が1月22日に発効しました。核軍縮の前進につながるか注目されています。

特集一覧

論点

日本の非核政策

  • コメント
  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
各国の核弾頭保有数
各国の核弾頭保有数

 核兵器禁止条約の採択に貢献した国際非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)へのノーベル平和賞授賞式。「ヒバクシャ」が世界に平和の尊さを訴えた。米国の「核の傘」に頼る日本政府は「ゴールは共有している」としながらも条約に否定的だ。唯一の戦争被爆国・日本の非核政策はどうあるべきか。

「戦争被爆国」外交の力に 川崎哲・ICAN国際運営委員

 ICANの一人として10日のノーベル平和賞授賞式に参加した。参列した日本原水爆被害者団体協議会の田中熙巳さん(代表委員)と藤森俊希さん(事務局次長)に加え、日本から高齢の被爆者ら約30人が自費で駆け付けてくれた。広島の原爆資料館から遺品を運び、翌11日には「被爆ピアノ」の演奏ができたのも印象的だった。この日を迎えることができたのは、多くの人たちの協力があってこそだ。

この記事は有料記事です。

残り3943文字(全文4305文字)

【核兵器禁止条約】

時系列で見る

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集