メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民進党

再生、3案提示へ 再結集路線、迷走

民進党の改革本部の会合に臨む大塚耕平代表(中央)と増子輝彦幹事長(左)ら=党本部で2017年12月12日午前9時、川田雅浩撮影

 党再生を目指す民進党の迷走が深まっている。大塚耕平代表は13日の常任幹事会で、(1)解党して新党を結成(2)党名変更(3)現状維持で党を存続--の3案を党改革案として提示する方針だが、既に反発が出ている。大塚氏は、民進から分裂した立憲民主党や希望の党との「再結集」を目指すとしてきたが、かえって遠のきつつある。【樋口淳也、真野敏幸】

この記事は有料記事です。

残り972文字(全文1140文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 広島の鈴木と新体操元五輪代表の畠山さんが結婚へ「力合わせ共に歩む」

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです