メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

衝撃デビューの高級コンデジ「PowerShot G1 X Mark Ⅲ」を従来モデルと比較レビュー!(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

11月30日についに発売となった本格志向ユーザー向けのレンズ一体型カメラ(コンパクトデジカメ)、キヤノン「PowerShot G1 X Mark Ⅲ」。前回の記事ではその描写性能やコンパクトなボディに関してのレビューをお届けしたが、今回は従来モデル「PowerShot G1 X Mark Ⅱ」との比較レビューをしてみたい。

20171128_y-koba2 (1)↑小型軽量設計の「PowerShot G1 X Mark Ⅲ」。その外観デザインは、1.0型センサー機「PowerShot G5 X」に酷似している。レンズは24-72mm相当の新開発キヤノンレンズを搭載。参考価格は13万7700円

 

従来機「PowerShot G1 X MarkⅡ」との比較【ボディ・操作性編】

今回は、実際にG1 X Mark Ⅲと従来機のG1 X Mark Ⅱを一緒に使ってみた。その結果、個人的な印象ではあるが、両者の印象や操作感はかなり異なっていた。

20171128_y-koba2_23↑G1 X Mark Ⅲ(左)とG1 X Mark Ⅱ(右)。ファインダー部分が出っ張る“一眼レフ風デザイン”のボディは大きくなりがちだが、今回のG1 X Mark Ⅲはベースとなる本体が小さい。そのため、フラットな形状ながら本体が大きいG1 X Mark Ⅱと比べると、かなりコンパクトな印象を受ける。ただし、G1 X Mark Ⅱのようなレンズバリアがないのは残念

 

まず、ボディのデザインやボリューム感が大きく違う。G1 X Mark Ⅲのボディは、EVFを搭載していて、その部分が出っ張る一眼レフ風のデザイン。一方、EVF非搭載のG1 X Mark Ⅱのボディ(別売の電子ビューファインダーの装着は可能)は、出っ張りのないフラットな形状のデザインである。だが、全体のボリューム感は、圧倒的にG1 X Mark Ⅱ」のほうが上である……って、誉め言葉かコレは?

20171128_y-koba2_24↑G1 X Mark Ⅲ(左)とG1 X Mark Ⅱ(右)。正面からでもわかるが、こうやって横からみると、レンズ鏡筒部の大きさの違いがよくわかる

 

そのボリューム感の違いは、仕様表の「質量」を見比べても明らかだ。G1 X Mark Ⅲは約399gなのに対して、G1 X Mark Ⅱは約553g。その差は154gにもなり、手にした際の重量感もまったく違う。

 

撮像センサー仕様も大きく異なる。G1 X Mark Ⅱも1.5型のCMOSセンサーを採用していて、大きさの面ではそんなに引けは取らない(1.5型の面積はAPS-Cの約80%弱)。だが、その画素数は大きく違う。前述の通りG1 X Mark Ⅲの有効画素数は「約2420万画素」だが、G1 X Mark Ⅱの有効画素数は「約1280万画素」と約半分なのである。

 

ただし、搭載ズームレンズの仕様は、G1 X Mark Ⅱのほうが魅力的に思える。G1 X Mark Ⅲが24-72mmF2.8-5.6なのに対して、G1 X Mark Ⅱは24-120mmF2.0-3.9と、ズーム域も開放F値も勝っている。

 

従来機「PowerShot G1 X MarkⅡ」との比較【連写性能編】

G1 X Mark ⅢとG1 X Mark Ⅱの撮影機能で大きく違うのが、高速連写の性能である。G1 X Mark Ⅲには、同社の一眼レフ・EOSシリーズで定評のある「デュアルピクセルCMOS AF」が採用されていて(キヤノンのコンパクトデジカメでは初)、撮像面の広範囲で高速・高精度な位相差AFが可能になる。そして、APS-CサイズのCMOSセンサーからの高速信号読み出しもあり、AF固定時には最高約9コマ/秒、AF追従時には最高約7コマ/秒、というハイレベルな高速連写が可能なのである。一方のG1 X Mark Ⅱは、AF固定時には約5.2/秒、AF追従時には約3.0コマ/秒、という標準的な連写性能である。

20171128_y-koba2_25

20171128_y-koba2_26

20171128_y-koba2_27↑G1 X Mark Ⅲで連写(AF追従、約7コマ/秒)

 

20171128_y-koba2_28

20171128_y-koba2_29

20171128_y-koba2_30↑G1 X Mark Ⅱで連写(AF追従、約3コマ/秒)

 

上の作例は、向かってくる電車を、ドライブモードを「高速連写」に設定して連続撮影(レンズ画角:G1 X Mark Ⅲの望遠端合わせ、画質設定:RAW+L、AF方式:顔+追尾優先AF、シャッター速度:1/2000秒)。電車が同じ位置からの連続3カットだが、G1 X Mark Ⅲが細かい動きを捉えられているのに対して、G1 X Mark Ⅱは画質設定:RAW+Lが足かせになったのか2カットから大きくペースダウンしている。

 

ここまでG1 X Mark Ⅲと従来機のG1 X Mark Ⅱを比較してきたとおり、レンズについてはG1 X Mark Ⅱのほうが魅力的に感じるものの、そのほかの面、特にコンパクトなボディや撮像センサーの有効画素数、連写性能に関してはG1 X Mark Ⅲで格段に進化していることがわかるだろう。G1 X Mark Ⅲは、PowerShotシリーズのフラッグシップモデルにふさわしい、軽快に使える本格派コンパクトデジカメなのだ。

【関連記事】
開放F1.25の明るいライカMレンズ「ライカ ノクティルックス M f1.25/75mm ASPH.」
「インスタ映え」の最終兵器–超広角でG-SHOCK譲りのタフカメラ「G’z EYE」をNYで使い倒した
小型軽量ミラーレスに開放F2のコンパクトな広角レンズが付属する「富士フイルム X-E3 単焦点レンズキット」
レンズ型マグカップ、カメラ型USBメモリー…ファン垂涎のキヤノン公式グッズが続々登場
スマホカメラの一般常識を覆した――異彩を放つ「ライカ×ファーウェイ」スマホはいかにできたのか?

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです