メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外イチロー、第一線退く意向 球団に伝える
墓じまい

沢村栄治さん親族が法要 背番号14石碑残し

背番号「14」を刻んだ石碑のある沢村栄治氏の墓には今も多くの人が訪れる。右端が墓守をしてきた西村則子さん=三重県伊勢市の墓地で2017年3月、小沢由紀撮影

 プロ野球草創期に東京巨人軍(現巨人)で投手として活躍し、第二次世界大戦で戦死した沢村栄治(1917~44年)の親族が、出身地の三重県伊勢市に置いていた沢村の墓の「墓じまい」の法要を済ませた。遠縁で長年墓を守ってきた同市田尻町の西村則子さん(74)が明らかにした。

 沢村の墓には、現役時代の背番号「14」を刻み、野球ボールをかたどった石碑があり、今も野球ファンが墓参に訪れている。

 西村さんによると、親族の多くが三重県を離れ、墓の管理が難しくなり、墓を閉じることは以前から協議され…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  2. 300キロ超大物クロマグロ 和歌山・那智勝浦
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 器物損壊 原爆ドーム前の慰霊碑に汚物? 広島中央署捜査 /広島
  5. 運転手足りない 見直し相次ぐ路線バス 沿線住民からは不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです