メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

墓じまい

沢村栄治さん親族が法要 背番号14石碑残し

背番号「14」を刻んだ石碑のある沢村栄治氏の墓には今も多くの人が訪れる。右端が墓守をしてきた西村則子さん=三重県伊勢市の墓地で2017年3月、小沢由紀撮影

 プロ野球草創期に東京巨人軍(現巨人)で投手として活躍し、第二次世界大戦で戦死した沢村栄治(1917~44年)の親族が、出身地の三重県伊勢市に置いていた沢村の墓の「墓じまい」の法要を済ませた。遠縁で長年墓を守ってきた同市田尻町の西村則子さん(74)が明らかにした。

 沢村の墓には、現役時代の背番号「14」を刻み、野球ボールをかたどった石碑があり、今も野球ファンが墓参に訪れている。

 西村さんによると、親族の多くが三重県を離れ、墓の管理が難しくなり、墓を閉じることは以前から協議され…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文587文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Tポイント詐取容疑で逮捕 キャンペーンを悪用 9300万円相当を不正取得か 埼玉県警

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  4. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  5. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです