メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カラス

駆除にタカ 長野・諏訪が検証へ 被害冬に集中

夕方、諏訪湖畔周辺の電線に集合したカラス。ホテルの屋根に大量に集まる姿も=諏訪市の諏訪湖畔で2017年12月12日午後4時34分、宮坂一則撮影

 長野県諏訪市は、カラスのふんやごみあさり、鳴き声などで悩む住民から寄せられる苦情対策で、タカによる追い払いを19、20日に初めて行う。試験として行って検証し、費用対効果が高ければ今後のカラス対策に反映させたい考えだ。

 市農林課によると、カラスに対する苦情や被害は毎年、冬に集中する。カラスは夏、家族単位で生活するが、秋から冬にかけては夕方、ねぐらとする特定の場所に大きな集団で集まる習性があるからだ。特にJ…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです