メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪大

不正アクセスで8万人分の情報流出 IDや氏名

 大阪大は13日、学内の計算機システムが不正アクセスを受け、学内外の延べ約8万人分の氏名などの個人情報が外部に漏れたおそれがあると発表した。

 阪大によると、今年5月18日、何者かが教員のIDとパスワードを使い、講義などに用いられる計算機システムに不正にアクセスした。システム内に不正なプログラムが仕掛けられ、利用していた教員や学生、卒業生らのIDや氏名など6万9549人分の個人情報が流出した。

 さらに、この中から教職員59人分のIDやパスワードが悪用され、送受信したメールが盗み見られた可能性があるという。メールには、国立大学法人の職員採用試験の合格者名簿や寄付者名簿など、学外の人物を含めた延べ1万1558人分の電話番号やメールアドレスなどの個人情報が記されていた。

 阪大の西尾章治郎学長は「重大な問題であると受け止め、個人情報の適切な管理について周知徹底を図る」とのコメントを出した。【鳥井真平】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ 大谷が奪三振ショー 7回無失点で降板
  2. サッカーキング セルジオ越後氏、日本代表は「監督の去就しか見出しにならない」「20年で何も変わっていない」
  3. 大谷翔平 エンゼルス監督からは“三刀流の宿題”(スポニチ)
  4. サッカー日本代表 ハリル監督を解任 会長が本人に伝える
  5. 大リーグ 大谷が2勝目 圧巻の奪三振ショー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]