園田博之氏口利き

「再調査して」兵庫のNPO、窮状訴え

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「おかしい。ほんまは、こんな税金かけられへんのに、かけてきとる」。税務調査の不当性を訴えるNPO法人幹部と、国税庁に自ら電話する自民党の衆院議員、園田博之元官房副長官(75)=比例代表九州ブロック。毎日新聞が入手した音声データには生々しいやり取りが記録されている。「(調査は)間違い」。園田氏は国税庁幹部にそう言い切った上で再調査を求めた。

 6月19日、東京・永田町の衆院第2議員会館。NPO法人「西宮障害者雇用支援センター協会」(兵庫県西宮市)の寺下篤史(あつし)理事長(35)と父の勝広(かつひろ)顧問(73)が同会館にある園田氏の事務所を訪れた。2人は「新しい決算書を西宮税務署に出したのに、前の決算書を基に税金をかけると言ってきた」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文974文字)

あわせて読みたい

注目の特集