メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミサイル防衛

整備費累計、18年度予算案で2兆円突破へ

政府が導入する「イージス・アショア」のイメージ

04年度以降 陸上の迎撃システム1基1000億円

 政府が2004年度に導入を始めた弾道ミサイル防衛(BMD)整備費の累計額が、18年度予算案で2兆円を突破する見通しとなった。防衛省は12日、導入予定の陸上配備型の迎撃システム「イージス・アショア」1基当たりの見積額は約1000億円と明らかにした。19年度以降に2基分の2000億円超が上乗せされる。北朝鮮による核・ミサイル開発を受けて最新装備の導入を続けた結果、巨額の財政支出が積み上がっている。

 政府は、イージス艦搭載の海上配備型迎撃ミサイル「SM3」と、移動可能な地上配備型迎撃ミサイル「パト…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです