加熱式たばこ

5年かけ増税へ 紙巻きの7~9割に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
加熱式たばこ増税のイメージ
加熱式たばこ増税のイメージ

 政府・与党は12日に開いた与党税制協議会で、加熱式たばこを2018年度から段階的に増税することを決めた。18年度から22年度まで5年かけ、最終的に税金の割合が紙巻きたばこの7~9割程度になるようにする。14日にまとめる18年度税制改正大綱に盛り込む。

 加熱式たばこは、紙巻きより煙が少なく、受動喫煙の可能性が低くなるとして急速に普及が進んでいる。だが、紙巻きとは違う税額の算出基準を適用しているため、紙巻きより税額が低くなっている。また、製品ごとにタバコ葉の量が異なるため、大手たばこ3社が販売する加熱式は、1箱あたりの…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文654文字)

あわせて読みたい

注目の特集