メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加熱式たばこ

5年かけ増税へ 紙巻きの7~9割に

加熱式たばこ増税のイメージ

 政府・与党は12日に開いた与党税制協議会で、加熱式たばこを2018年度から段階的に増税することを決めた。18年度から22年度まで5年かけ、最終的に税金の割合が紙巻きたばこの7~9割程度になるようにする。14日にまとめる18年度税制改正大綱に盛り込む。

 加熱式たばこは、紙巻きより煙が少なく、受動喫煙の可能性が低くなるとして急速に普及が進んでいる。だが、紙巻きとは違う税額の算出基準を適用しているため、紙巻きより税額が低くなっている。また、製品ごとにタバコ葉の量が異なるため、大手たばこ3社が販売する加熱式は、1箱あたりの…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 賭けマージャン「黒川氏と同レート」の自衛隊員は「停職」 法務省「参考にせず」

  2. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  3. 砥部焼でアマビエ にっこり表情豊かに 愛媛の絵付け職人「和んでほしい」

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです