メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猫虐待有罪判決

ネット署名募った杉本彩さん「厳罰化を」

動物愛護法の厳罰化を訴える杉本彩さん(左)=東京都千代田区霞が関で2017年12月12日午後2時40分、石山絵歩撮影

東京地裁判決後に記者会見「動物虐待は軽く扱われている」

 13匹の猫を虐待したとして動物愛護法違反に問われた元税理士、大矢誠被告(52)に対し、東京地裁は12日、懲役1年10月、執行猶予4年(求刑・懲役1年10月)の有罪判決を言い渡した。細谷泰暢裁判官は「動物愛護の精神に反する悪質な犯行」と述べた。

 判決によると、大矢被告は2016年3月~17年4月、埼玉県深谷市内で猫に熱湯をかけたり、ガスバーナーであぶったりして9匹をショック死させ、4匹にけがをさせた。

 細谷裁判官は「1年余りの間に計13匹の猫に虐待を加えており常習的」と指摘。虐待する様子を動画撮影し、インターネット上で公開していたことについて「虐待を繰り返すうちに虐待に楽しみを覚え、動画をネットで公開することが目的化しており、犯行を正当化する余地はない」とした。

 逮捕後の報道で税理士を廃業するなど社会的制裁を受けている点などを考慮しつつ「悪質さを踏まえれば、同種事件よりも執行猶予期間は長期間とすべきだ」と判断した。

 この事件は、動物愛好家らが被告を懲役刑にするよう求め、16万人超がネット上で署名に応じた。署名を呼びかけた公益財団法人「動物環境・福祉協会Eva」理事長でタレントの杉本彩さん(49)は判決後に東京・霞が関の司法クラブで記者会見し「動物虐待は深刻な問題だが、軽く扱われており、法律の限界を感じる。厳罰化が必要」などと訴えた。【石山絵歩】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 山梨 ミッキー、甲府に登場「開府500年」100日前
  3. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん
  4. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  5. 高校ラグビー 札幌山の手、花園切符一番乗り 南北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです