メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猫虐待有罪判決

ネット署名募った杉本彩さん「厳罰化を」

東京地裁判決後に記者会見「動物虐待は軽く扱われている」

 13匹の猫を虐待したとして動物愛護法違反に問われた元税理士、大矢誠被告(52)に対し、東京地裁は12日、懲役1年10月、執行猶予4年(求刑・懲役1年10月)の有罪判決を言い渡した。細谷泰暢裁判官は「動物愛護の精神に反する悪質な犯行」と述べた。

 判決によると、大矢被告は2016年3月~17年4月、埼玉県深谷市内で猫に熱湯をかけたり、ガスバーナーであぶったりして9匹をショック死させ、4匹にけがをさせた。

 細谷裁判官は「1年余りの間に計13匹の猫に虐待を加えており常習的」と指摘。虐待する様子を動画撮影し…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文610文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです