メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR西

東海道・山陽新幹線の台車に亀裂

車両の台車部分に亀裂などの異常が見つかった「のぞみ34号」の13号車=JR名古屋駅で2017年12月12日午後9時19分、代表撮影

 JR西日本は12日、博多-名古屋間を走行していた東海道・山陽新幹線の車両の台車に亀裂や油漏れなどの異常を発見したと発表した。11日に運転中、異臭がしたため、名古屋駅で運転を取りやめて検査していた。国の運輸安全委員会は12日、事故につながりかねない重大インシデントとして鉄道事故調査官を現地に派遣した。航空・鉄道事故調査委員会が発足した2001年以降、新幹線の重大インシデントは初めて。

 同社によると、異常が見つかったのは博多発東京行きのぞみ34号(N700系、16両編成)の13号車。博多駅を11日午後1時半ごろ出発し、しばらくして乗務員がうなるような音や焦げたような臭いに気付いた。同5時ごろ、名古屋駅で点検し、走行できないと判断。乗客約1000人は後続列車に乗り換えた。

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文681文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  5. 住みたいのは草津 県民1位、「交通の便良く人気」 ネットアンケ /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです