メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

井上靖

未発表の日記 「欠史時代」戦中から戦後

井上靖

終戦時のトップ記事「玉音を拝して」 執筆難しい

 今年生誕110年を迎えた作家の井上靖(1907~91)が大阪毎日新聞(毎日新聞の前身)に在職中の1940(昭和15)年から46(昭和21)年にかけ、戦時下の暮らしぶりや仕事、交友関係、小説の読後感などを克明に記録した全集未収録の日記帳3冊が見つかった。ふみ夫人(2008年死去)が大切に保管していた遺品を、井上靖記念文化財団理事長で筑波大名誉教授の長男修一さん(76)、甫壬(ふみ)さん(71)夫妻が整理する際に偶然発見した。この期間は年譜でも「欠史時代」とされており、昭和の国民的作家がどのように雌伏の時を過ごしたかが分かる第一級の資料だ。【中澤雄大】

 日記帳は大封筒2枚に入っていた。「終戦前後 新聞記者時代 資料 重要」「終戦前後 日記」と、作家自…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. スバルが国内生産停止 ハンドル補助装置に不具合
  3. 女子中学生が意識不明 殺人未遂容疑で母親を逮捕 前橋
  4. 質問なるほドリ アフターピルって何? 望まぬ妊娠から女性守る 高額、入手に手間=回答・中川聡子
  5. 工事図面に高圧幹線記載なく 切断で停電 大阪・高槻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです