メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

浦和、マウリシオ2発などでアフリカ王者を撃破! クラブW杯5位に輝く

情報提供:サッカーキング

クラブW杯を5位で終えた浦和レッズ [写真]=Getty Images
 FIFAクラブワールドカップ UAE 2017の5位決定戦が12日に行われ、浦和レッズ(日本)とウィダード・カサブランカ(モロッコ)が対戦した。

 浦和は準々決勝のアル・ジャジーラ(UAE)戦からスタメンを3名変更。最終ラインに森脇良太とマウリシオ、中盤には長澤和輝が起用された。

 18分、青木拓矢からパスを受けたマウリシオが思い切って右足を振り抜く。強烈なブレ球シュートが突き刺さり、浦和が先制する。対するウィダード・カサブランカは21分、セットプレーのチャンスを得るとイスマイル・エルハダッドのFKが、GK西川周作の手前でバウンドし、そのままゴールネットに吸い込まれた。浦和は追いつかれた直後の26分、ラファエル・シルバが左サイドを突破。クロスを柏木陽介が押し込んで、再び勝ち越しに成功した。前半は浦和の1点リードで折り返す。

 後半に入り60分、柏木の意表を突くFKから相手がクリアしたボールを拾ったマウリシオが再びシュートを決めて追加点を奪う。後半アディショナルタイム、レダ・ハジュージにPKを決められたが、試合は3-2で終了。浦和がアフリカ王者を下し、クラブW杯5位で大会を終えた。

【スコア】
浦和レッズ 3-2 ウィダード・カサブランカ

【得点者】
1-0 18分 マウリシオ(浦和)
1-1 21分 イスマイル エルハダッド(ウィダード・カサブランカ)
2-1 26分 柏木陽介(浦和)
3-1 60分 マウリシオ(浦和)
3-2 90+4 レダ・ハジュージ(ウィダード・カサブランカ)

【関連記事】
●アジア王者の浦和、レアルとの対戦は叶わず…攻撃陣不発で開催国王者に敗れる
●クラブW杯5位決定戦に臨む浦和、長澤&マウリシオがスタメン復帰
●AFCがACLベストイレブンを発表、優勝の浦和からは1人も選出されず
●浦和のアジア制覇に貢献…ACL決勝でも“デュエル”の強さを発揮した長澤和輝
●アジア王者・浦和のクラブW杯登録メンバー発表…パチューカには本田圭佑も

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  3. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置
  4. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
  5. 記者の目 バルサルタン事件 無罪判決=河内敏康(東京科学環境部)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです