メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界農業遺産

大崎耕土が認定 巧みな水管理 「宝を次世代に」 /宮城

居久根が点在する水田地帯にエサを求めて渡り鳥が飛び交う冬の大崎耕土=美里町で

 国連食糧農業機関(FAO)は12日、大崎地域1市4町にまたがる「大崎耕土」を世界農業遺産に認定したと発表した。巧みな水管理により、冷害や洪水などの災害に強い農業・農村を形成したことが評価された。世界農業遺産に認定されたのは45地域目で、国内では9地域目。大崎地域世界農業遺産推進協議会は13日、大崎市で記者会見し、会長の伊藤康志市長らが認定された喜びを語った。

 会見には、大崎市や涌谷町など1市4町の首長らが出席。伊藤市長は「認定は大崎耕土の宝を次世代に引き継ぐ出発点」と強調。今後、フィールドミュージアム構想の策定、認定を生かした農産物のブランド化、農業遺産ツーリズムの推進などに取り組む考えを示した。

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. コロナ刑事罰削除で与野党合意 懲役刑、罰金刑ともに 感染症法改正案

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです