メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勤労留学生

ニッポンの介護現場/3 課題は日本語の高い壁 定着へ「受け入れ側も工夫を」 /群馬

 「がしょう、かいじょ」「いじょう、かいじょ」「いるい、ちゃくだつ、かいじょ」--。日本語講師の発音に続いて、外国人たちが真剣な表情でそれを繰り返す。

 11月1日朝、前橋市の「県社会福祉総合センター」で開かれた「日本語研修」。10人ほどの受講生はみな定住外国人。介護業界へ足を踏み入れやすくしようと、県が昨年度から始め、今年度は講義回数を倍の12回に増やした。

 介護現場の人手不足解消のため外国人への期待が高まる中、課題となっているのが言葉だ。介護用語は日本人…

この記事は有料記事です。

残り1077文字(全文1307文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  3. 新商品 シーチキンとコンビーフが一つに 20日発売
  4. 夏の高校野球 日大三7年ぶりベスト4 下関国際を逆転
  5. 遺品整理 高額な追加料金、勝手に処分 トラブルにご用心

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです