メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勤労留学生

ニッポンの介護現場/3 課題は日本語の高い壁 定着へ「受け入れ側も工夫を」 /群馬

 「がしょう、かいじょ」「いじょう、かいじょ」「いるい、ちゃくだつ、かいじょ」--。日本語講師の発音に続いて、外国人たちが真剣な表情でそれを繰り返す。

 11月1日朝、前橋市の「県社会福祉総合センター」で開かれた「日本語研修」。10人ほどの受講生はみな定住外国人。介護業界へ足を踏み入れやすくしようと、県が昨年度から始め、今年度は講義回数を倍の12回に増やした。

 介護現場の人手不足解消のため外国人への期待が高まる中、課題となっているのが言葉だ。介護用語は日本人…

この記事は有料記事です。

残り1077文字(全文1307文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]