メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボランティア休暇

低調 導入企業6% 五輪控え東商アンケ /東京

 2020年東京五輪・パラリンピックで9万人のボランティアが必要と想定されているが、都内でボランティア休暇制度のある企業が6%にとどまっていることが12日、東京商工会議所のアンケートで分かった。今後、休暇制度を創設する予定の企業も5・8%と低水準で、ボランティア募集は苦戦が予想される。

 東商は10月10~25日、東京大会の競技会場などがある都内12区の1万社に、社員の働き方や交通規制への影響などに関する調査票を送り、1200社から回答があった。ボラン…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. NGTから卒業の山口真帆「アイドル辞める」 芸能活動は続行「夢に向かって」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです