調布の小型機墜落

隣家の住民、運航会社を提訴 /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 2015年に調布市で小型プロペラ機が墜落した事故に伴う火事で自宅が全損したとして、小型機が突っ込んだ住宅の隣の住民が、事故で死亡した機長が経営していた運航会社を相手取り、約3800万円の損害賠償を求めて地裁立川支部に提訴した。提訴は10月11日付。

 訴状によると、原告はこの家に住んでいた女性と娘。…

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文307文字)

あわせて読みたい

ニュース特集