メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者アート

ご縁をテーマに壁画 出雲のスーパー /島根

スーパーマーケットの壁に絵を描く藤田康弘さん(右端)ら=島根県出雲市で、山田英之撮影

 障害者の芸術活動を支援するNPO法人「サポートセンターどりーむ」(出雲市東福町)のアトリエに通うメンバーら3人が13日、同市塩冶有原町5に開店するスーパーマーケットの外壁に「ご縁」をテーマに絵を描いた。NPOの土江和世理事長は「絵を描くチャンスをもらえたことに感謝したい。多くの人が障害者アートを知る機会になってほしい」と期待している。

 壁画は縦1・8メートル、横3メートル。店や地域の発展を願って鳥の翼、ランの花、竹などを組み合わせて描いた。

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  2. 新型肺炎 感染者と一緒に行動の中国人団体、成田・関空便に搭乗自粛し帰国

  3. 新型肺炎、中国の感染者がSARS上回る5974人 世界で6000人超に

  4. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  5. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです