津久見市

台風被災対応で職員給与1~2%減 議会に提案 /大分

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 台風18号の復旧事業で厳しい財政状況に直面している津久見市は、職員給与を半年間削減する条例案を12日の市議会定例会に提案した。可決されれば、同市や佐伯市など台風18号の被災地で職員の給与を削減するのは初めてとなる。

 市によると、期間は来年1月から6月まで。主任以上が2%、若手職員が1%の削減率とな…

この記事は有料記事です。

残り111文字(全文261文字)

あわせて読みたい

注目の特集