メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
診療報酬改定

全体1.2%減 政府方針 「本体」はプラス改定

 2018年度予算編成の焦点になっている診療報酬改定の概要が13日、大筋で判明した。政府は医師の技術料や人件費などに当たる「本体部分」をプラス0・55%とし、薬や医療材料の公定価格である「薬価」をマイナス1・7%程度とすることで最終調整している。診療報酬全体ではマイナス1・2%程度になる。同時に改定される介護報酬も週内には固まり、プラス0・5%前後になる見通し。障害者支援サービスの公定価格もプラス改定する方針だ。

 社会保障費は高齢化の進展に伴って年々増加しているが、来年度は自然増分を概算要求の段階から1300億…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文589文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  5. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです