経済見通し

来年度、実質成長率1.8% 設備投資堅調

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 政府は13日、2018年度の経済見通しについて、国内総生産(GDP)の成長率を、物価変動の影響を除いた実質で1・8%とする方向で最終調整に入った。名目は2・5%とする方向。堅調な海外経済の拡大を背景に輸出が増加し、企業の設備投資も堅調に推移するとみるため。

 内閣府が今年7月に試算した実質成長率の見通しは、17年度が1・5%、18年度が1・4%だった…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

あわせて読みたい

ニュース特集