メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

高裁、愛媛・伊方原発差し止め 火山リスク重視 規制委審査「不合理」

四国電力伊方原発3号機=愛媛県伊方町で3月、本社ヘリから幾島健太郎撮影

 四国電力伊方原発3号機(愛媛県)の運転差し止めを命じた13日の広島高裁決定は、原発の新規制基準を「合理的」としつつ、火山噴火リスクについての原子力規制委員会の判断を「不合理」と断じた。近くに火山を抱える原発は多く、司法判断による停止リスクが高まったことで、電力各社の経営や政府のエネルギー政策に影響が出る可能性もある。

 広島高裁は、伊方原発から約130キロ離れた阿蘇カルデラの破局的噴火による火砕流の危険性、火山灰など降下物の影響を指摘した。差し止めの根拠にしたのは、規制委自身が火山噴火対策の審査の手引として作成した「火山影響評価ガイド」だった。

この記事は有料記事です。

残り2502文字(全文2777文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都「夜の街」への外出自粛要請 107人感染で知事「拡大警戒要する段階」

  2. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

  3. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  4. ミャンマーで土石崩落、126人死亡

  5. 対韓輸出規制の勝者はだれか 韓国が国産化で構造転換、安倍首相に「感謝」する実態

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです