メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

「多死社会」変わる弔いの現場 自分の死と向き合おう=山口知(大阪社会部)

引き取り手のない遺骨の納骨スペースで作業する大阪市職員=大阪市平野区の同市立瓜破斎場で6月26日、猪飼健史撮影

山口知(とも)

 1995年の92万人が2015年に129万人、35年には165万人--。高齢化で国内の死者数は年々増加し、日本社会は「多死社会」に突入しつつある。春以降、連載「死と向き合う」の取材を始めると、家族関係の希薄化や貧困を背景に弔いの現場が様変わりし、全国の政令市で無縁仏が過去10年でほぼ倍増するなど深刻な状況に陥っていることがわかった。誰も死から逃れられない。だからこそ、一人一人が自分の死と向き合う必要性を痛感している。

この記事は有料記事です。

残り1847文字(全文2065文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  2. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  3. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  5. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです