メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

上院補選、民主勝利 共和、地盤崩れる セクハラ直撃「番狂わせ」

 【モントゴメリー(米南部アラバマ州)高本耕太】米南部アラバマ州の連邦上院補欠選挙は12日に投開票され、民主党候補のジョーンズ元同州連邦検事が、未成年者に対するわいせつ疑惑が浮上した共和党候補のムーア元同州最高裁長官を破り当選を確実にした。共和党支持が強固な同州で、民主党候補の上院選勝利は1992年以来25年ぶり。米メディアは「衝撃的な番狂わせ」(CNNテレビ)と大きく伝えている。

 ジョーンズ氏は州最大都市バーミングハムで支持者を前に「アラバマは正しい選択をした」と勝利宣言。ムー…

この記事は有料記事です。

残り1346文字(全文1588文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです