月着陸船

日本ベンチャー「20年に資源探査計画」 官民101億円出資

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 宇宙ベンチャーの「ispace(アイスペース)」(東京都)は13日、独自開発した月着陸船を2020年末ごろに月面へ着陸させ、探査車で水などの資源探査をする計画を発表した。月面着陸は過去、米国、旧ソ連、中国が成功。日本は宇宙航空研究開発機構(JAXA)が20年度に無人着陸実証機「SLIM」の打ち上げを計画しているが、同社が先行する可能性がある。

 開発には、産業革新機構や日本政策投資銀行など11社からの計約101億円の出資を充てる。ベンチャー企業への技術開発段階での投資としては国内最高額という。

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文540文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集