メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

羽生足首の負傷長引く 全日本出場厳しく

負傷した右足首の回復が長引いていることを明らかにした羽生=手塚耕一郎撮影

 フィギュアスケート男子の来年2月に開幕する平昌冬季五輪で連覇を目指す羽生結弦(ANA)が13日、日本スケート連盟を通じてコメントを発表して、負傷した右足首の回復が長引いていることを明らかにした。平昌五輪代表最終選考会の全日本選手権(21~24日、東京)の出場は厳しい状況となってきた。

 羽生は11月9日のグランプリ(GP)シリーズ第4戦、NHK杯の公式練習で4回転ルッツを跳んだ際に転倒し、右足首を痛めた。その際、日本連…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  2. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  3. 75歳以上の医療費負担 2割に引き上げ 政府検討

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 名古屋市営地下鉄に初の駅ナカ 伏見駅「ヨリマチFUSHIMI」オープン

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです