メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝

選手発表 旭化成、外国人起用

 来年元日に群馬県で開催される「ニューイヤー駅伝 第62回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社・TBSテレビ・群馬県共催)に出場する37チームのエントリー選手が13日、発表された。

 前回大会で18年ぶり22回目の優勝を果たした旭化成は、創部以来初の外国人選手となるキプヤティチのほか、いずれも双子の市田孝と宏、村山謙太と紘太らをエントリー。8月の世界選手権ロンドン大会マラソン代表の中本健太郎(安川電機)と井上大仁(MHPS)、9月にハーフマラソンの日本記録を更新した設楽悠太(Honda)らも順当に名を連ねた。2年ぶりの優勝を目指すトヨタ自動車は、夏に右足を疲労骨折した服部勇馬を登録しなかった。

 各チームの区間オーダーは、レース前日の31日に発表される。【小林悠太】

この記事は有料記事です。

残り843文字(全文1195文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「水が使えない」冠水で悲鳴 佐賀駅も水浸し 九州北部大雨被害広がる

  2. 米KFCで肉なし「フライドチキン」試験販売 購入の長い列

  3. 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  4. はなわさん自宅周辺も浸水 佐賀市在住 「命を守って!」と呼び掛け 

  5. 九州北部大雨で大雨特別警報 85万人に避難指示 佐賀・松浦川などが一時氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです