愛媛・伊方原発

運転差し止め 高裁初、沸く被爆地 「世界に胸張れる」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 「二度と放射線による被害を受けたくない」。被爆地・広島からの切なる訴えに司法が応えた。伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを求める仮処分申請で、運転を禁じた13日の広島高裁決定。高裁レベルでは全国初の判断に、被爆者らは「原発ゼロに向けた歴史的転換点だ」「国は真摯(しんし)に受け止めるべきだ」などと声を上げた。【寺岡俊、真下信幸、小山美砂】

 「勝ったぞ」。決定言い渡し直後の午後1時半過ぎ、弁護団の河合弘之弁護士が広島高裁前で拳を上げると、集まった支援者約110人は「核と人類は共存できない」などと書かれた横断幕を掲げ喜んだ。

この記事は有料記事です。

残り2294文字(全文2562文字)

あわせて読みたい

ニュース特集