メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛媛・伊方原発

運転差し止め 高裁初、沸く被爆地 「世界に胸張れる」

 「二度と放射線による被害を受けたくない」。被爆地・広島からの切なる訴えに司法が応えた。伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを求める仮処分申請で、運転を禁じた13日の広島高裁決定。高裁レベルでは全国初の判断に、被爆者らは「原発ゼロに向けた歴史的転換点だ」「国は真摯(しんし)に受け止めるべきだ」などと声を上げた。【寺岡俊、真下信幸、小山美砂】

 「勝ったぞ」。決定言い渡し直後の午後1時半過ぎ、弁護団の河合弘之弁護士が広島高裁前で拳を上げると、…

この記事は有料記事です。

残り2337文字(全文2562文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです