メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英下院

EU法廃止の政府案修正 与党造反、求心力低下

 【ロンドン矢野純一】英下院(定数650)は13日、欧州連合(EU)からの離脱条件に関し、EUとの最終合意前に議会の承認を得るよう英政府に求める法案を賛成多数で可決した。与党保守党議員の造反によるもので、メイ政権が下院で過半数の支持を得られなかったのは6月の総選挙での敗北後初めて。求心力のさらなる低下は必至だ。

 メイ首相は14日からのEU首脳会議で離脱交渉推進を働きかけるが、英議会の動きで足場は弱まりそうだ。

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文462文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです