メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英下院

EU法廃止の政府案修正 与党造反、求心力低下

 【ロンドン矢野純一】英下院(定数650)は13日、欧州連合(EU)からの離脱条件に関し、EUとの最終合意前に議会の承認を得るよう英政府に求める法案を賛成多数で可決した。与党保守党議員の造反によるもので、メイ政権が下院で過半数の支持を得られなかったのは6月の総選挙での敗北後初めて。求心力のさらなる低下は必至だ。

 メイ首相は14日からのEU首脳会議で離脱交渉推進を働きかけるが、英議会の動きで足場は弱まりそうだ。

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文462文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「イノシシが園内に」 台風の影響で移動か 東京・国営昭和記念公園が臨時閉園

  3. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「即位礼正殿の儀」に合わせ政令恩赦を閣議決定 対象者は55万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです