映画

東宝や松竹、来年度から邦画も金曜日封切りに 

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「新宿東宝ビル」の8階テラスに設置されたゴジラヘッド=東京都新宿区歌舞伎町で、内林克行撮影
「新宿東宝ビル」の8階テラスに設置されたゴジラヘッド=東京都新宿区歌舞伎町で、内林克行撮影

 映画大手の東宝や松竹は13日、来年度から、邦画の公開日を現行の原則土曜日から金曜日に前倒しすることを明らかにした。金曜日に早めに退社する「プレミアムフライデー」の導入が進む中、仕事帰りの映画鑑賞による集客を狙うとともに、従業員の休日確保にもつなげたい意向だ。

 東宝は同日、来年公開の映画のラインアップを発表し、4月以降の16作品を金曜日に公開するとした。同社の松岡宏泰取締役は「金曜日の夕方から余暇を過ごすという流れが生まれ、いち早く…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文545文字)

あわせて読みたい

注目の特集