メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

税制改正大綱

「寡婦控除」来年検討へ 14日決定

 自民、公明両党の2018年度税制改正大綱が13日、固まった。所得税改革の関連で、夫(妻)と死別・離婚して子育てをする人の所得税を軽くする「寡婦控除」の対象に未婚の母(父)を加えるかどうかを来年末の19年度税制改正で検討し、結論を出すことを盛り込む。新税の「国際観光旅客税」(出国税)「森林環境税」創設も明記。両党は、14日に大綱を決定する。

 所得税改革では、全ての人に一律38万円適用される基礎控除を10万円増額したうえで、所得2400万円…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文633文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです