メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国・南京大虐殺80年

対日改善配慮 習主席、演説なし

 【南京(中国江蘇省)林哲平】日中戦争中の1937年に中国・南京を占領した旧日本軍が多くの中国人を殺害した南京大虐殺から80年にあたる13日、南京市の大虐殺記念館で追悼式が行われた。習近平国家主席は3年ぶりに出席したが、演説しなかった。最高指導者が国家行事に出席しながら演説しないのは異例。また、演説を担当した兪正声・中国人民政治協商会議主席が今年が中日国交回復45年にあたることに触れるなど、改善基調にある日中関係への配慮をにじませた。

 式典には生存者や市民ら約1万人が参列。習氏は参列者と一緒に黙とうするなどし、約20分の式典が終わる…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 慶大アメフット部を事実上の降格処分 関東学生連盟 部員の不適切行為で

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 大学アメフット界またも…慶大部員、女子風呂“悪質”盗撮…無期限の活動自粛(スポニチ)

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです