メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園

撤去ごみは100分の1 値引き根拠一層揺らぐ

 学校法人「森友学園」が大阪府豊中市の国有地を小学校建設用地として格安で取得した問題で、国土交通省大阪航空局は13日、建設用地から実際に撤去したごみが、算定の100分の1に当たる194トンだったと明らかにした。国は撤去すべきごみの量を1万9500トンと算定し、土地売却額を約8億円値引きしており、値引きした根拠がより揺らぐことになった。

 森友、加計学園の疑惑を追及する民進党調査チームの会合で、大阪航空局の担当者は「まだ学園内に積まれた…

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文699文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  3. 日米財務相会談 麻生氏、車輸入制限の回避要請
  4. クックパッドニュース [驚きワザ]桃の長期保存には◯◯を使うのが鉄則!
  5. 気になる!保育所 おむつ処分 予算がない?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]