国民栄誉賞検討

井山「信じられぬ」 羽生「名誉なこと」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
羽生善治氏(左)と井山裕太氏
羽生善治氏(左)と井山裕太氏

 政府は13日、将棋で初めて永世7冠を達成した羽生善治氏(47)と、囲碁で初の2度にわたる7冠独占を果たした井山裕太氏(28)=本因坊文裕(もんゆう)=に国民栄誉賞を同時に授与する方針を固めた。菅義偉官房長官は記者会見で「いずれも歴史に刻まれる偉業であり、社会に明るい希望と勇気を与えてくれた。広く国民に親しまれている将棋、囲碁で多くの国民に感動を与えた」と説明した。民間有識者の意見を聞いたうえで近く正式決定し、年明けに表彰式が行われる見通しだ。

 国民栄誉賞は1977年の創設以来、プロ野球の王貞治氏をはじめスポーツや文化・芸能関係の23個人・1団体が受賞している。羽生、井山両氏が受賞すれば将棋、囲碁の棋士ではそれぞれ初めて。安倍政権下では大相撲の元横綱・大鵬の故納谷幸喜氏(2013年)、プロ野球の長嶋茂雄、松井秀喜両氏(同年に同時受賞)、女子レスリングの伊調馨氏(16年)に続き、5人目と6人目になる。【高橋克哉】

この記事は有料記事です。

残り838文字(全文1249文字)

あわせて読みたい

注目の特集