メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝

旭化成、外国人起用 エントリー発表 

 来年元日に群馬県で開催される「ニューイヤー駅伝 第62回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社・TBSテレビ・群馬県共催)に出場する37チームのエントリー選手が13日、発表された。

 前回大会で18年ぶり22回目の優勝を果たした旭化成は、創部以来初の外国人選手となるキプヤティチのほか、いずれも双子の市田孝と宏、村山謙太と紘太らをエントリー。8月の世界選手権ロンドン大会マラソン代表の中本健太郎(安川電機)と井上大仁(MHPS)、9月にハーフマラソンの日本記録を更新した設楽悠太(Honda)らも順当に名を連ねた。2年ぶりの優勝を目指すトヨタ自動車は、夏に右足を疲労骨折した服部勇馬を登録しなかった。

 各チームの区間オーダーは、レース前日の31日に発表される。【小林悠太】

この記事は有料記事です。

残り803文字(全文1155文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋の名東区役所職員刺される 刺した60代を殺人未遂容疑で現行犯逮捕 愛知県警

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 講演で「トイレ汚い」きっかけ 大間々駅前のトイレ清掃 23年間休まず1200回

  4. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

  5. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです