メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝

旭化成、外国人起用 エントリー発表 

 来年元日に群馬県で開催される「ニューイヤー駅伝 第62回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社・TBSテレビ・群馬県共催)に出場する37チームのエントリー選手が13日、発表された。

 前回大会で18年ぶり22回目の優勝を果たした旭化成は、創部以来初の外国人選手となるキプヤティチのほか、いずれも双子の市田孝と宏、村山謙太と紘太らをエントリー。8月の世界選手権ロンドン大会マラソン代表の中本健太郎(安川電機)と井上大仁(MHPS)、9月にハーフマラソンの日本記録を更新した設楽悠太(Honda)らも順当に名を連ねた。2年ぶりの優勝を目指すトヨタ自動車は、夏に右足を疲労骨折した服部勇馬を登録しなかった。

 各チームの区間オーダーは、レース前日の31日に発表される。【小林悠太】

この記事は有料記事です。

残り803文字(全文1155文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 沢尻エリカ容疑者逮捕にNHK放送総局長「遺憾」「反社会的行為は容認できない」

  3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  4. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです