メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上海列車事故 29年後の真実

第3章<6> 「110万円」遺族代表、顔色変わり

上海列車事故直後に中国で書かれた論文「“3・24”列車衝突事故損害賠償的法律思考」

 上海列車事故をめぐり、中国国内では、法律家らが補償交渉をめぐって議論を繰り返していた。

 事故直後に中国で刊行された法律専門誌「法学」(1988年第10期)。ここに「“3・24”列車衝突事故損害賠償的法律思考」(著者・丁偉)という論文がある。「3・24列車衝突事故」は上海列車事故を指す。

 「今回のような損害賠償をめぐる対外交渉は国内に前例がない。補償額をどのように決め、どのような方法で解決すればよいか、中国の法曹界でも意見が分かれている」。中国側も試行錯誤を重ねていた。

この記事は有料記事です。

残り2537文字(全文2774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 政府方針一転 河野氏「UFOに遭遇したら」発言のワケ 宇宙作戦隊も発足

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 学術会議 任命拒否の6人が初めて共に訴えた菅首相への「胸の内」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです