連載

抗NMDA受容体脳炎

毎日新聞デジタルの「抗NMDA受容体脳炎」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

抗NMDA受容体脳炎

克服の米国人記者「いつか治ると信じる力、支える力が命を救う」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

米映画「彼女が目覚めるその日まで」原作者インタビュー

 「悪魔払い」されてきた難病「抗NMDA受容体脳炎」を発症し7カ月後に職場復帰した米国の新聞記者、スザンナ・キャハランさん(32)の闘病体験記を原作とした米国映画「彼女が目覚めるその日まで」が16日から全国公開される。本作のプロデューサーを自ら務め、多くの人に病気を知ってもらおうと活動するスザンナさん。公開を前に来日した機会に、病気を体験しての思いや闘病記をまとめた苦労、観客へのメッセージなどを聞いた。【聞き手・照山哲史】

 <抗NMDA受容体脳炎は、卵巣奇形腫などによる免疫反応でできた抗体が脳を「攻撃」することで発症する。頭痛など風邪に似た症状で始まり、数日で幻覚や幻聴などの精神症状が表れる。けいれん発作や意識障害を伴い、昏睡(こんすい)状態に陥ることもあり、自分の意思と無関係に体が奇妙に動く症状も特徴的だ。病気の仕組みが2007年に解明されるまでは「悪魔払い」されてきた。1973年公開の米国映画「エクソシスト」の…

この記事は有料記事です。

残り2930文字(全文3369文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集